03« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»05

    新・すし屋の鉄ネタ握り

    「撮りたいものを撮りたいときに撮る」-1日1枚0時更新スタイルも2年目になりました。

    スポンサードリンク

    最新記事

    スポンサーサイト 

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    スポンサー広告  /  tb: --  /  cm: --  /  △top

    なつかしき 

    PFが2000番台化されて結構経つが、未だに2000番台のPFを撮ったことがない。
    このカットは、Canonの一眼で最後に撮影したカットである。

    IMG_2485k.jpg

    当時新鶴210仕業であった5971、時折新鶴65が代走してくることがあった。
    この日も1127が入ると聞き、冷たい雨降る中蘇我に出撃してみた。

    この数時間後、白レンズは知り合いのもとに行き
    この数日後、40Dはお借りしていた師匠の元に帰っていった。

    そしてこの数週間後、手元にはD700がいた。



    過去に何度も書いているが、自分が釜屋さんになったのは、
    間違いなく蘇我の存在が大きい。
    通学路線に蘇我あり貨物あり65あり。

    高校の頃の自分を刺激するには十分すぎた。
    新習志野、検見川浜、蘇我バルブ。
    一日一往復のみの新鶴PFになかなか原色が入らずやきもきしたり、
    鹿島貨物明けの倉賀野行きの5960を必ずどこかで仕留めていたり。

    この5971も昔は高崎65の運用で、列番も5961だった。



    手にするのはコンデジから30Dに変わり、気づけば40Dになり、
    いまやNikonを持っている。
    写真観も変わったり、被写体も変わったり、オールができなくなったり。

    時の流れに無常に流されていく動物ニンゲンだからこそ、
    その時々を、一瞬を、強く印象付けていきたい。

    今までは自分の一瞬を。
    これからは、ひとさまの心に輝く一瞬を。

    DSC_3754.jpg


    ね。すてきでしょ。

    スポンサーサイト
    EF65  /  tb: 0  /  cm: 2  /  △top

    貨物運用のPトップ 

    今後の処遇が気になるこの車

    Pトップ
    -- 続きを読む --
    EF65  /  tb: 0  /  cm: 1  /  △top

    イカツイ面 

    センターピラー黒塗りのP型。

    イカツイ面
    -- 続きを読む --
    EF65  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

    535 in the rain 

    高機が一番面白かった頃。

    535 in the rain
    -- 続きを読む --
    EF65  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

    いい夫婦 

    PFで一番相性の悪い釜。

    いい夫婦
    -- 続きを読む --
    EF65  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。